PassClip Auth導入手順

PassClip Authをサイトに導入する手順を説明します。
※現在、無料ベータ版サービスとして公開中です。

手順1:PassClip Authにメンバー登録

まずは、PassClip Authに会員登録しましょう。

  1. 「PassClip」をインストールして会員登録
  2. PassClipアプリの右上にある「+」マークをタップして、表示されるメニューから「パスクリップコード登録」を選びます。
    「パスクリップコード登録」画面で、パスクリップコード「paauth」を登録すると、スロット「PassClip Auth Member」が出現します。

これでPassClip Authのメンバー登録は完了です。

手順2:PassClip Codeを発行する

  1. PassClip Authメンバーサイト」にログインします。
    その際、IDにはPassClipに登録したメールアドレスを、パスワードには、手順1の「2」で出現した「PassClip Auth Member」スロット内で表示されるパスワードを使用します。
  2. ログインすると「PassClip Auth メンバートップページ」に遷移します。メニューから「PassClip Code新規作成」を選択してください。
  3. パスクリップコード発行に必要な項目を設定していきます。各項目の内容については、「パスクリップコード作成における各項目の説明」をご参照ください。
  4. 各項目の設定が終わったら「この内容で確認」ボタンをクリックします。設定内容の確認後「作成」ボタンを押すと、作成したパスクリップコードが発行されます。
    これまでに発行したパスクリップコードは「PassClip Auth メンバートップページ」内の「PassClip Code管理」ページで確認できます。

手順3:PassClip Authをサイトに導入する

サイトにPassClip Authを導入する方法は、2通り用意しています。

  1. HTMLでコーディング(※HTMLを理解している方向け)
  2. WordPress用プラグイン「PassClip Auth for WordPress」を利用

A. HTMLでコーディング(※HTMLを理解している方向け)

PassClip Authでは、認証情報を受け取るための認証APIを公開しています。
この認証APIに、適用するサイトからの認証情報を、下記の仕様でHTMLを用いて送信するようにしてください。

【認証情報送信先URL】

https://api.passclip.com/official/auth

【送信するパラメータ(使用できるメソッドは「post」と「get」)】
  • app_service_id
    パスクリップコード発行時に、サイトごとに割り振られるIDです。IDを確認するには、PassClip Authメンバーサイト内の「PassClip Code管理」ページにアクセスし、対象のパスクリップコード名の下にあるテキストリンク「確認」をクリックしてください。
  • email
    ログインするユーザーが、パスクリップに登録しているメールアドレスです。
  • password
    ログインするユーザーが入力した、パスクリップ上のパスワードです。
【サンプルコード】

このサンプルコードは一例です。サイトに合わせてカスタマイズしてご利用ください。

<form action="https://api.passclip.com/official/auth" method="POST" enctype="application/x-www-form-urlencoded">
<input type="text" name="app_service_id" value="xxxxxxxxxxxxxxxx">
<input type="text" name="email" value="xxxx@xxxxxxxx.com">
<input type="text" name="password" value=“xxxxxxxx">
<input type="submit">
</form>

 

B. WordPress用プラグイン「PassClip Auth for WordPress」を利用

適用するサイトがWordPressである場合、導入用プラグインをご利用いただけます。
くわしくはこちらをご参照ください。
>PassClip Auth for WordPress