PassClip Auth for WordPress

PassClip AuthをWordPressサイトに適用するためのプラグインが「PassClip Auth for WordPress」です。
WordPressにインストールして、いくつかの設定を行うだけで、PassClip Authを導入できます。
ここでは、PassCip Authの導入方法および、ユーザーにPassClipによるログインを促すための、PassClip Code配信機能について説明します。

WordPressサイトに「スロットログイン」や「メンバーカード」を適用する方法は、こちらの記事をご参照ください。

導入手順

インストールと有効化

  1. WordPress管理画面メニュー内の「プラグイン」をクリックします。すると、クリックした「プラグイン」の下にメニューが開かれるので、その中の「新規追加」をクリックし「プラグインを追加」画面を開きます。
  2. 検索フォームで「PassClip」を検索してください。
  3. 「PassClip Auth for WordPress」を見付けたら「今すぐインストール」をクリックします。
  4. インストールが完了したら「有効化」をクリックしてください。

設定

  1. WordPress管理画面メニュー内の「PassClip Auth」をクリックします。すると、クリックした「PassClip Auth」の下にメニューが開かれるので、その中の「PassClip Auth Options」をクリックし「PassClip Auth(PCA) for WordPress オプション設定」画面を開きます。
  2. 各項目を設定していきます。
    これらの項目は、「PassClip Auth Options」から後で変更することも可能です。

各項目の説明

PassClip Auth管理ID
パスクリップコード発行時に、サイトごとに割り振られるIDです。
IDは、以下の手順で確認できます。

  1. PassClip Authメンバーサイトにログインし、メニューの「PassClip Code管理」を選択します。
  2. パスクリップコード発行済みサービスのリストが表示されるので、対象のサービスの「確認」を選択すると、設定内容が表示されます。その中の「PassClip Auth管理ID」を参照してください。

PassClip Code
PassClip Authで設定したパスクリップコードを入力してください。
無料ベータ版の場合は、設定した文字列の前に「nora」が自動的に付与されますので、ご注意ください。
パスクリップコードは、以下の手順で確認できます。

  1. PassClip Authメンバーサイトにログインし、メニューの「PassClip Code管理」を選択します。
  2. パスクリップコード発行済みサービスのリストが表示されるので、対象のサービスの「確認」を選択すると、設定内容が表示されます。その中の「PassClip Code」を参照してください。

簡易設定
サイトのサービス内容に合わせてオススメの設定を選択できます。
「詳細設定」を選択すれば、以下のすべての設定項目を設定できます。

PassClip Codeの表示
設定したPassClip Codeをログイン画面に表示する場合はチェックしてください。
一般ユーザーがログイン可能なサイトの場合はチェックし、サービス管理者など一部の関係者だけがログイン可能にする場合はチェックしないことをお勧めします。

PCAによって作られたユーザーの初期権限
ユーザーが、PassClip Authを通して初めてログインした際に与えられる権限を設定します。
まずは「購読者」権限を付与し、後で管理者がWordPress管理画面の「ユーザー」編集画面から変更することも可能です。

wordpressのパスワードでのログインの許可
PassClip Authを適用する前に、WordPress内で設定した通常のパスワードでのログインを許可することができます。
これを許可するユーザー権限のチェックボックスにチェックを入れてください。
セキュリティを高めたい場合は管理者以外のチェックを外し、PassClip Authによるログインのみを許可することを推奨します。

新規ユーザー登録のお知らせの送付先
新規ユーザーがPassClip Authを通して初めてログインした際、その通知メールの送信先を設定します。
「admin」は、管理者にだけ送付します。
「user」は、その新規ユーザーにだけ送付します。※
「both」は、管理者と新規ユーザーの両方に送付します。
「なし」は、通知メールを送付しません。
※PassClip Authを通じてログインした新規ユーザー宛のメールには、通常のWordPressの新規ユーザーへの通知とは異なり、パスワードの発行に関するリンクが書かれていないメールが送付されます。

「パスワード再設定」リンクの非表示
チェックすると、ログイン画面から「パスワードをお忘れですか?」の表示が削除され、WordPressの通常パスワードの設定ができなくなります。

PassClip Authによる新規ユーザの登録の拒否
PassClip AuthによるWordPressへの新規ユーザー作成を禁止します。
そのため、WordPress内で事前に登録されているユーザーのみがログイン可能となります。
パスクリップコードを入力すれば、誰でもユーザーになってしまうことを防ぐ機能です。
※WordPressの通常のパスワードでログインするユーザーには関与しません。

新規ユーザーへのツールバーの非表示
チェックすると、新規ユーザーにはWordPressのツールバーが表示されなくなります。

PassClipログインフォームウィジェットの有効化
チェックすると「PassClipログインフォームウィジェット」が表示されるようになります。

初回ログイン時リダイレクト先
新規ユーザーがPassClipログインフォームウィジェットから初めてログインした際に、リダイレクトして表示されるページのURLを設定してください。サイトの利用方法やメンバープロフィール、メンバーサイトのトップなどのURLを入力してください。

PassClip Code配信機能

PassClip Auth for WordPress ユーザー管理

WordPress管理メニュー「PassClip Auth」内の「PCAユーザー管理」から、ユーザー一覧を見ることができます。
WordPress管理メニュー「ユーザー」のユーザー一覧とは異なり、このユーザー一覧には「PasssClip info」という項目があります。この項目には「PassClip Auth」における各ユーザーのステータスが表示されます。
この「PassClip info」項目から、PassClipを使用したこののあるユーザーと未使用ユーザーを見分けることができます。

【各「PassClip info」ステータスの説明】
  • PassClip Authによって作成されました:PassClip使用済
    パスクリップコードを入力し、ログインすることで作成されたユーザー。
  • まだPassClipでログインしていません:PassClip未使用
    パスクリップコード入力以外の方法で作成されたユーザーで、まだPassClip Authでログインしたことがないユーザー。
  • すでにPassClipでグインしています(以前からのユーザー):PassClip使用済
    パスクリップコード入力以外の方法で作成されたユーザーで、すでにPassClip Authでログインしたことがあるユーザー。

PassClip Codeをメールで配信する

ユーザーにメールでパスクリップコードを配信することができます。
PassClip Authの利用促進にご利用ください。

【配信手順】
  1. WordPress管理メニュー「PassClip Auth」内の「PCAメール設定」から、メール文面を作成します。
    デフォルトでは英語文面のサンプルが入力されているので、送付先に応じて文面を変更してご送付ください。
    日本語文面で送付する場合のサンプル文面をご用意いたしましたので、ご利用ください。
    >PassClip Codeメール配信 日本語文面サンプル
  2. WordPress管理メニュー「PassClip Auth」内の「PCAユーザー管理」からユーザー一覧を参照します。
    ユーザー一覧の上に表示されている、各「PassClip info」のステータス名を選択すると、ユーザーの絞り込みが可能です。
    「まだPassClipでログインしていません」を選択し、PassClip未使用のユーザーのみに絞り込んで、「ユーザー名」の左側のチェック欄にチェックします。
    その後、「PassClip Codeの送信」ボタンを押すと、チェックされたユーザーにメールが配信されます。